うつ病の治療をしっかり進めよう|負担を減らすための方法を紹介

ナース

様々な症状がある脳の病気

カウンセリング

どんな種類と特徴があるか

うつ病には種類があり、それぞれ適した治療を行う必要があります。一般的にうつ病と言われるのは大うつ病性障害で、症状としては抑うつ状態、興味の喪失などがあります。焦りや思考の制止があり、極端に悲観的になったり、死について考えたりする特徴があります。睡眠障害が起こり、倦怠感や体の痛みといった症状も現れます。また、双極性障害は気分が落ち込む抑うつ状態と、異様に高揚する状態とを繰り返す障害で、躁うつ病とも呼ばれていた病気です。この2つがうつ病のほとんどを占める病気ですので、どちらかに該当するケースが多いでしょう。他には気分変調性障害という病気があります。これは軽度の抑うつ状態が2年以上続く病気で、事例としては幼少期から成人になるまでずっと症状を抱えていたというケースもあります。治療で回復する事例も多いのですが、長年放置されると他の障害を併発してしまう可能性があります。発症のパーセンテージは5〜6%程度ですが、気付かれにくいのがネックと言えるでしょう。これらの病気とは違う特徴を持つのが非定型うつ病です。これは大うつ病性障害とも気分変調性障害とも言えない新たなうつ病の総称で、いわゆる新型うつ病もこの分類とされる場合があります。総じて抑うつ気分があり喜びが喪失されますが、好きなことをする時だけ回復する気分反応性が見られるという特徴があります。過眠や過食、拒絶過敏性なども見られ、認知されにくく治療には長期間を要するケースもあります。周囲の理解を得にくい症状のため、孤立化しないよう注意が必要ですね。周囲の理解を得にくいという点では、一般的な症状ではなく肉体に不調が現れるものもあります。内科や婦人科にかかってみても異常は特に見当たらず、辛い症状を抱えていても薬が処方出来ない場合もあります。気分の落ち込みや興味の消失がなくても、その代わりに身体に強い症状が現れるタイプです。診察した担当医師に神経科学の専門知識がないと診断がしにくく、長く不定愁訴を抱えてしまうケースもあるので注意したいですね。1年のうちで決まった期間だけ一時的に症状が現れる季節性情動障害という病気もあります。特に冬期だけ症状が見られる患者数は多く、1年のうちで10月頃から決まって症状に見舞われ、2月3月になると治まるサイクルを繰り返します。全体的な症状としては抑うつや焦燥、倦怠などですが、現れる季節によって症状が異なります。冬季では過眠や過食が多く、夏季では不眠や食欲不振が多くなるため、一般的な季節の不調として捉えられてしまう事も少なくありません。一定の季節が過ぎれば嘘のように症状は消えてしまうため放置してしまいがちですが、徐々に悪化する場合もあるので治療が必要です。このように一時的に現れるものの典型例としては、他にマリッジブルーやマタニティブルーなどもあります。